節 氣 食 旅  x  Akiko Maeda  前田有紀子   

                           關於節氣料理、大暑、台灣食材的對談

對你來說,什麼是節氣料理 ? 為什麼想要從事節氣料理的研究 ?

 

日々の暮らしで、季節の行事ごとは毎年やってくる1年の楽しみのひとつです。忙しい中で季節を感じることは心のゆとりにも繋がります。節気料理に使われる野菜果物は旬のものが多く、それぞれの野菜の最も栄養豊かな時期です。昔の人々がそれぞれの季節を健やかに楽しむために考え、経験や知恵が積み重ねられていると思います。暦や食の文化に触れることは健康の基本概念に触れることでもあり、節気料理は日本人の心とからだに必要な料理だと考えています。

 

 

每天都可以過著節氣生活是一種樂趣。在忙碌中生活中感受季節更替,也能讓心保有空間,保持平靜。日本人節氣料理中使用的食材都是當令蔬果,當令的新鮮食材是其營養最豐富的時期。我認為這是古人為了健康,去享受每一個季節,不斷累積下來的經驗與智慧。接觸節氣與飲食文化也能接觸到健康的基本概念,節氣料理是日本人的身心不可或缺的料理。以上是我的想法。

 

 

當大暑這個節氣來臨時,宮崎是怎麼樣的氣候呢? 對日本人而言,大暑是否有什麼特別含義? 是否有什麼習俗?大暑期間有一定會吃的料理嗎?

 

宮崎の8月は平均気温が27度と1年で最も日差しが強い時期です。 日本には「涼をとる」という言葉があり、暑い時期を乗り切るために五感で涼しさを感じる方法がたくさんあります。風鈴の音や花火の風景、肌ざわりのよい浴衣、蚊取り線香のにおいなど。夏は冷汁、麦茶、かき氷、そうめんなどよく食べますが、大暑の時期にある土用には必ずうな丼を作り、夏バテ予防します。

 

 

宮崎八月的平均氣溫27度,是一年內日照最強的時期。在日本,有「納涼」這個詞,為了度過炎熱時期,有很多讓五感獲得涼爽的方法。例如風鈴的聲音或煙火畫面、觸感好的浴衣、蚊香的味道等等。夏天很常吃冷湯、麥茶、剉冰、麵線,在大暑時期的土用丑日,一定會煮鰻魚丼,預防中暑。

 

 

 

你最喜歡哪一道台灣料理 ? 這次來到台灣,有沒有哪一樣台灣食物是你最期待想要吃到的?

 

 

饅頭、様々な野菜や皮のレパートリーがあり毎食食べても飽きません。

干し大根のスープなど、台湾の郷土野菜料理や体を元気にする飲み物を知りたいです。

 

我最喜歡吃台灣的包子類食物。台灣的包子有各種口感的外皮,餡料,形狀。餐餐吃也不會膩。

 

今年六月在台灣墊的台日食物交流活動時,高雄來的朋友做了一道用美濃陳年蘿蔔乾燉的雞湯,滋味非常沁人心脾。

這次來高雄也很期待品嚐到蘿蔔乾湯。另外也想嘗試其他台灣人用來滋補身體的鄉土蔬菜料理及飲品。

 

 

 

身為廚師,用一段簡短的說明,來表達你認知的台灣料理。

 

 

養生料理

台湾は食と健康の基本概念が結びついていて暑いときは緑豆湯でからだの熱をとったり御弁当に冷めたものがなかったり。身体を冷やす食材、温める食材が一般常識で浸透していると思います。

 

我覺得是養生料理。 

 

就我所理解的,台灣料理常見到健康的基本概念。天氣熱的時候吃綠豆湯退火,而不是吃冷的便當。什麼是可以對降火氣的食材、什麼是可以讓身體溫潤的食材,在台灣的大家似乎普遍都有這個常識。